経営アドバイス・コーナー
BESTビジネス 3年無償ホームページのご利用はこちらから

【島根県】浜田市・江津市・大田市・益田市・松江市・邑南町・川本町・美郷町【広島県】広島市・呉市・廿日市市・大竹市・三次市・尾道市・福山市・府中町・海田町・北広島町【山口県】岩国市【岡山県】矢掛町【大阪府】大阪市【東京都】【群馬県】高崎市など、浜田市を中心に幅広く対応しております。

佐多税理士事務所 有限会社佐多会計事務所はTKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
中国税理士会所属
メールマガジンお申込み

確定申告

確定申告の期間は毎年2月16日~3月15日です。

平成30年分の所得税の申告期間は、2019年2月18日(月)~2019年3月15日(金)です。

必要書類のご準備はお早めに!

平成28年より確定申告にマイナンバーが必要になります。

マイナンバーカード(個人番号カード)を発行されている方は、表面と裏面のコピーを、

発行されていない方は、通知カードと身分証明書(運転免許証等)をご準備ください。               

確定申告の必要がある方

個人事業を営んでいる人だけでなく、給与所得者や年金受給者であっても申告が必要な場合があります
主な確定申告の対象者をご紹介します。

≪給与所得の方≫
 ◆給与の年間収入金額が2,000万円を超える方
 ◆給与を2箇所以上の会社から支給を受けている方
 ◆給与を1箇所の会社から支給を受けていて、20万円以上の副収入がある方
    ※「メルカリ」などのフリーマーケット、「ヤフオク」などのネットオークションでの収入、「YouTube」などの動画投稿収入がある人は、その所得(収入-必要経費)が20万円を超える場合は、雑所得として確定申告が必要です。
   ◆年末調整を受けなかった方
 ◆不動産収入のある人
 ◆株式を売却した人
 ◆保険金を受け取った人
 ◆FXで利益を得た人
 ◆仮想通貨を売却した人
 ◆仮想通貨で商品を購入した人
 ◆仮想通貨を別の仮想通貨に交換した人
 など

≪その他の所得のある方≫
 ◆不動産の賃貸収入のある方
 ◆株式の配当を受け取った方
 ◆生命保険の個人年金を受け取った方
 ◆生命保険の一時金や返戻金を受け取った方
 ◆賞金や懸賞当選金、競輪、競馬の払戻金を受け取った方
 ◆貴金属、ゴルフ会員権、船舶、機械、骨董などの資産を売った方
 ◆土地、建物、借地権を売った方
 ◆FXで利益を得た人
 ◆仮想通貨を売却した人
 ◆仮想通貨で商品を購入した人
 ◆仮想通貨を別の仮想通貨に交換した人
 ◆株式を売った方
  ※株式の売買による利益は申告の必要がありますが、特定口座(源泉徴収あり)の場合は確定申告を省略できます。譲渡損を翌年以降に繰り越す場合は、必ず確定申告をしなければなりません。

≪個人事業を営んでいる方≫
 ◆1年間の収支により所得を申告する必要があります
  ※年の途中から事業を始められた方、年の途中で事業を廃止された方も含みます

≪消費税の申告が必要な方≫
 ◆2年前の課税売上高が1,000万円を超えている事業者の方
  (平成30年分の申告の場合は、平成28年分の課税売上高が1,000万円を超えている方)

≪贈与を受けた方≫
 ◆1年間で110万円を超える財産の贈与を受けた方
  ※Aさんから50万円、Bさんから61万円の贈与を受けた場合は、合計110万円を超えているので申告の必要があります。

確定申告で還付が受けられる方

  ≪申告の必要はないが、申告をすると還付を受けられる可能性のある方≫

下記の要件に当てはまる方は、納付済みの税金が戻ってくるかもしれません。

給与所得者の方も積極的に確定申告をしましょう。

◆1年間で10万円以上の医療費を支払った方(世帯合計)
◆特定の寄付をした方(政治献金など)
◆ふるさと納税をした方
 ※ふるさと納税ワンストップ特例制度の利用申請をしている方は、1年間の寄付先が5自治体までなら確定申告を行わなくても寄付金控除を受けることができます。しかし、寄付先が5自治体を超えた場合や、医療費控除を受けるためなど別の理由で確定申告をする場合は、寄付金控除として申告する必要があります。 
◆住宅ローンを利用して住宅を取得した方
◆住宅ローンを利用して住宅の増改築をした方
◆自然災害(地震・風水害・雪害等)、盗難などで資産に被害を被った方
     

添付書類

≪本人確認書類≫

●マイナンバーカードのコピー(表・裏)
●マイナンバーカードをお持ちでない方
  下記の2つのコピーが必要です。

 ・通知カード or マイナンバーカードの記載がある住民票
 ・身元確認書類(運転免許証、パスポート、在留カード、医療保険の被保険者賞証など)

≪所得がわかる書類≫

 ・給与所得の源泉徴収票
 ・退職所得の源泉徴収票
 ・公的年金等の源泉徴収票


≪控除を受けるための書類≫

 一般的な控除としては、以下のような添付書類がございます。

【社会保険料控除】
 ・国民年金保険料
 ・国民年金基金保険料
 ・国民健康保険料(証明書は必要ありません)

【小規模企業共済等賭金控除】
 ・小規模企業共済等掛金控除証明書

【生命保険料控除】
 ・生命保険料控除証明書

【地震保険料控除】
 ・地震保険料控除証明書

【医療費控除】
 ・
医療費の領収証(医療費が10万円を超えた場合)
  ※所得が200万円未満の場合は、その5%を超える金額が医療費控除の対象になります。
 ・医療機関への交通費明細

【住宅ローン控除】
 初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で控除が受けられます)
 ・住宅借入金等特別控除額の計算明細書
 ・住民票
 ・売買契約書のコピー
 ・登記事項証明書
 ・住宅ローンの残高証明書

【寄附金控除】
 ・寄附した団体などから交付された寄附金の受領証
    

申告・納付期限

 ◆所得税および復興特別所得税
 2月16日~3月15日

◆贈与税
 2月1日~3月15日

◆消費税および地方消費税
 2月16日~3月31日


【期限を過ぎた場合】
申告期限を過ぎてからの申告を「期限後申告」といいます。
期限後申告や無申告の場合、納めるべき税額のほかに無申告加算税又は重加算税がかかる場合があります。
期限後申告によって納める税金は、申告書を提出した日が納期限となります。
また、法定納期限の翌日から納付の日までの延滞税を併せて納付する必要がある場合があります。


【追徴される税金の種類】

延滞税納期限までに完納しなかった場合、滞納税額について年14.6%(ただし、納期限の翌日から2ヵ月を経過する日までは年7.3%、または特例基準割合)
利子税延納の適用を受けたとき、延納税額について年7.3%、または特例基準割合

過少申告加算税

期限内に申告書の提出があった場合で、その申告が過少のとき、増差税額について原則として10%
無申告加算税期限内に申告書の提出がなかった場合、増差税額について原則として15%
不納付加算税源泉徴収等による国税が期限内に完納されなかった場合、不納付税額について原則として10%


重加算税

隠蔽や仮装に基づき、申告しない、または過少に申告した場合、増差税額について追徴額の35%~40%

資金繰りの都合がつかず、どうしても納期限までに納付できない場合は、事前に税務署に相談しに行きましょう。
分割払いの相談に応じてくれます。
督促状が届き、何もしないでいると財産を差し押さえされます。
そうなる前に対策を打っておきましょう。